自宅で出来るダンベル筋トレと自宅で使えるダンベル紹介!

  • 2021年2月7日
  • 2022年11月26日
  • 筋トレ
  • 130view

ジムに行かず好きな時間に自宅で出来るトレーニング宅トレ

宅トレは自重で筋トレするのも当然いいのですが、筋トレ器具を使う方が圧倒的に効率がいいです。

ただ、筋トレグッズは沢山ありすぎて色々買っていたら置き場所にも困るしお金がかかる。

 

その中で宅トレで使える定番筋トレグッズのダンベル

 

ダンベルは、使い方次第で全身鍛えられます。

宅トレグッズの購入を迷っているなら、ダンベルを買って宅トレを効率的にやりましょう!

 

 

  • 宅トレで使える筋トレ器具を探している
  • 宅トレで使えるダンベルの重さが知りたい
  • ダンベルを使った宅トレで全身鍛える方法を知りたい

 

 

そんな悩みをお持ちの方にダンベルをおすすめします!

自宅で使う為の筋トレ器具にダンベルをおすすめするのですがダンベルにも種類がありすぎるので、本記事でおすすめのダンベルを見つけてしまいましょう。

 

自宅で使うダンベルのおすすめは可変式ダンベルで決まりです!

 

自宅では可変式ダンベルがおすすめなのですが、その理由も含めて解説していきましょう。

 

 

 

 

 

宅トレのダンベル筋トレで全身鍛えられる。

宅トレのダンベル筋トレはコスパ最強です。

 

 

ダンベルと言ったら、腕の上腕二頭筋(力こぶの所)を重点的に鍛えるための器具だと思われがちですが、実際自宅のダンベル筋トレで全身鍛えられます。

 

  • ダンベル買うなら自重であちこち鍛えた方がいい
  • そんなに腕を鍛えたいわけではない

 

そんな風に思って、ダンベルに中々手を出せずにいた人も多いのではないでしょうか?

 

ですが、いざ買ってみると全然腕だけを鍛える為の物ではなく全身鍛えられる超優れ物なんです。

 

 

 

 

 

宅トレで使えるダンベルの重さは10キロか可変式で決まり

自宅で使えるダンベルを買おうと思った時に、置き場を考え、まず5キロ位の物を購入しそうになっていませんか?

 

ダメです。

 

10キロか可変式ダンベルにしましょう。

 

 

10キロの重さと、可変式をオススメする理由。

  • 5キロは軽すぎてマンネリ化する
  • 5キロが欲しければ可変式で5キロは設定出来る物もある
  • 10キロが1番使いやすい
  • 重さが足りなくて後から買い足した方が場所を取る

 

 

5キロは実際、軽すぎです。

 

軽いウエイトも使い道は沢山あるし軽いウエイトを使う筋トレも大事ですが、5キロのダンベルしか無ければトレーニングの幅がかなり限られます。

 

 

少ない重さのダンベルが欲しいのなら少ない重さから10キロまで重さが調整できる物にしましょう。

実際僕も2キロから10キロまで変えられるダンベルを買いましたが、今のところ10キロでしか使ってないです。

 

なぜなら重り外すのが結構めんどくさいから。

そして10キロが何をするにもちょうどいい。

 

10キロなんて持てないという人も、とりあえず10キロまで変えられる物で重り外して使えばいいだけなので可変式ダンベルをお勧めします。

 

5キロで使っていても絶対もっと重くしたいと思うはず!持てなくても1回上がればOK!

 

「ダイエット目的だから2キロだけのでいい。」なんてのは無駄です。

それなら2キロからの可変式にすればいい。可変式なら腹筋も鍛えられるし足も鍛えられる。

 

ダンベルは可変式で決まり!


 

 


関連記事

自宅で好きな時間にいつでも全身鍛えられる宅トレ。   そんな宅トレをする時に自重で行う宅トレも当然効果的なのですが、筋トレ器具を使って負荷を増やすと尚効果的です。   そんな宅トレするときにおすすめな[…]

 

 

 

 

 

 

ダンベルで出来る宅トレ簡単メニュー

ダンベルスクワット

筋トレでスクワットは超大事です。

スクワットで鍛えられるモモ前の筋肉大腿四頭筋は筋肉の中でも大きい筋肉です。

大きい筋肉を鍛える事によって基礎代謝があがるのでダイエットにも効果的。

ダンベルスクワットのやり方は普段のスクワットにただダンベルを持つだけ。

ダンベルを持つといつもより負荷がかかって筋肉に早く効きます。

高重量でスクワットして疲れてきたらインターバルを入れてさらに重りを増やして2セット目とやると効果的です。

 

 

 

ダンベルで腹筋を鍛える

ダンベルで腹筋も鍛えられます。

 

 

  • まず仰向けになり膝を立てる。
  • 上体を起こして手でダンベルを持つ。
  • 足を自転車を漕ぐように左右順番に胸に寄せていきます。

 

バイシクルクランチのダンベルバージョン。

その他にもダンベルで鍛えられるメニューは沢山あります。

効かせたい筋肉の部位に効くようにダンベルを持って、負荷をかけてみると意外と自分でメニューが作れたりします。

 

 

ダンベルを買って全身鍛えましょう。 

 

 

 

自宅で使いやすいおススメ可変式ダンベル

自宅で使いやすいおすすめの可変式ダンベルをピックアップしておいたので参考にしてみてください。

ダンベルは意外とスポーツ用品店で取り扱ってない商品が通販サイトで安く購入できる場合があるのですが、かなり種類が多くなり購入する際にまた迷ってしまいます。

ここに紹介してある使いやすい人気商品を参考にしてみましょう!

 

 

 

 

 

クイックダンベル

 

 


1年保証 ダンベル 可変式 22kg 2個セット 可変式ダンベル アジャスタブルダンベル 重量調節 3 – 22kg 15段階 ダンベルセット 調節可能 自宅 トレーニング 筋トレ グッズ 腕 肩 背筋 胸筋 シェイプアップ ダイエット スポーツ ★[送料無料][あす楽]

 

 

見た目はゴツイけど3kgから22kgまで変えられるので軽い筋トレでは3kg、スクワットでは10kgと使い分けが出来る。

特殊な形をしているのでダンベルの取っての部分を足に引っ掛けることも可能。

そして重さがすぐに変えられるのも魅力的です。

おすすめです。

 

 

 

 

ATVAFIT可変式ダンベル

 

こちらの可変式ダンベルの特徴は、見た目以上にコンパクトな事で筋トレ初心者から上級者まで幅広く使えます。

使わないウェイトプレートも一つの場所に置いておけるのでスペースを取らずに2kg、5kg、8kg、11kg、14kg、17kg、20kgまで細かくウェイト調整ができるのでお勧めです。

 

 

 

 

 

 

ただ重さを変えれないダンベルを買ってしまうと、他の重量も欲しくなり、ダンベルだらけになってしまい収納にも困ります。

 

なのでまず最初から可変式ダンベルを買って効率よく筋トレしましょう。

 

関連記事

最近太ったと感じたり、あこがれの芸能人がマッチョだったり、筋トレを始めようとするきっかけは結構あると思いますが、ジムに会員登録して定期的に足を運んで筋トレを継続させるのは中々大変です。   なので自宅で出来る宅[…]