魚の血抜きはハサミがベスト!血抜き用ハサミでナイフは卒業です。

釣りをしているなら釣った魚を食べるという行為は釣り人にしか体験できない醍醐味です。

自分で釣った魚は何故かかなり美味しいですよね!

 

ですが釣り上げた魚を上手に持ち帰らないと魚が生臭かったり美味しく食べられない場合があります。

釣った魚を美味しく食べるには、釣り上げた後の処理である【血抜き】が重要になるのはご存知だとは思いますが、その血抜きを行う時にナイフを使ってうまくいかなかったり、魚が暴れて苦戦した経験はありませんか?

 

そんな時には魚用のハサミが大活躍します!

 

今回の記事では、その血抜きを行う際に使う魚用ハサミの紹介になります。

 

血抜きには意外と使えるハサミ。

 

血抜きをナイフで上手く出来なかったり、血抜きの方法がよくわかない人などは今回を機会血抜きをする際のハサミの使いやすさを知ると血抜きがうまくいくでしょう!
 
 
 
血抜きにハサミをお勧めする理由
  • 大きい魚でも延髄を一撃で切れる
  • アジなど数が多く釣れる場合も素早く血抜き出来る
 
血抜きにはナイフが主流に思われがちなのですが実はハサミの方が使いやすい場合もあります。
 
釣りをするならハサミの血抜きを覚えて美味しい魚をいただきましょう!
 
 
 
 

魚の血抜きはハサミがベスト!血抜き用ハサミでナイフは卒業!

 
まず魚の血抜きはどうゆう意味があり、どのタイミングで行うのか?といった所から解説していきましょう。
釣りをしていてオールリリースする人もいるかも知れませんが、大体釣りをする人ならば魚を持ち帰り美味しく魚を食べたいと思うはず。
 
釣った魚を持ち帰って刺身などで食べた時にスーパーで買う魚とは違い、生臭さを感じた経験はありませんか?
 
その生臭い魚はしっかり血抜きが出来ておらず、生臭くなっている可能性が高いです。
 
釣った魚の血抜きがうまく出来ていないと、体内に血液が残ってしまい魚の生臭さの原因となってしまうのです。
魚の体内に血が残っていると腐敗や生臭さの原因になってしまい、魚を美味しく食べるには血抜きは必須になるのです。
魚の血抜きは魚が生きている間に行い心臓が動いている間に行わなければいけないのですが、魚が生きている間にナイフで血抜きをしようとすると魚が暴れて上手くいかなかったり、最悪の場合は怪我をしてしまう可能性さえあります。
 
 
そんな時に活躍するのがハサミなのです!
 
魚の血抜きをしっかりと行ってから魚を持ち帰ると、かなり生臭さが軽減されます!
せっかくだから釣り上げた魚の血抜きをしっかりと行い、美味しい魚を頂きましょう!
 
 
 
 

魚の血抜きはハサミで切断する位置をしっかり理解しよう

魚の血抜きをする時、エラの部分を闇雲に切っているだけだと上手く血が抜けません。

 

釣った魚の血をしっかり抜くには延髄をしっかり切り落とさなければいけないのはご存知でしょうか?

 

魚の血抜きをしっかりと行う為には闇雲に切るのではなくてしっかりと延髄を切り落とさなければいけないのです。

 

延髄を切り落とすのにアジの様な小さめの魚ならばナイフで一撃で決められると思いますが、少し魚体の大きい魚だとかなり暴れて結構危険。

さらには大きめの魚の場合は延髄も中々固いので、ナイフが入っても硬くて切れないという場合があります。

 

そこでハサミを使い、硬くて太い延髄を一発でズバッと切ると結構簡単に血抜きを行うことができるのです。

 

 

その為にはやはり100円ショップのハサミやキッチンバサミよりも、魚専用に開発されたハサミの方が力も入りやすく延髄を切るのは簡単です。

 

握り手の所は大きく力が入りやすい形状で、刃先があまり長くなく、力が入りやすい様なハサミを選ぶといいでしょう。

 

切れやすいハサミを使っても、魚が暴れてを怪我したりする可能性もあるので、大きいサイズの魚の血抜きをするならば一旦脳死をさせて、暴れるのを最小限にする事がベストです。

 

 

 

 

 

ハサミを使った上手な血抜き方法

まず血抜きをする時には延髄を切断しなければなりません。

良く釣られる人気ターゲットのアジは、味も美味しく釣りやすいです。

アジ位なら血抜きをしないという人も多いと思いますが、美味しく食べるには血抜きをした方が断然美味しくいただけます。

 

アジ位の魚ならばハサミでエラから延髄にかけて一発ハサミを入れるだけで十分。

延髄にハサミが入ったら海水を入れたバケツなどに5分程突っ込んでおいけばある程度血は抜けます。

 

そのまま放置すると身が傷んでしまいますので、氷の入れたクーラーBOXにさらに海水を入れ、魚に水が直接触れない様にジップロックなどに入れて保管しましょう。
 
氷を入れたクーラーBOXに塩分のある海水を入れる事でしっかり保冷出来ます。
血抜きをするにも海水を汲むにも水汲みバケツは必須ですね。
 

 

 
 
 
 
アジもバチコンなどで釣れるデカいアジは立派なフィッシュイーターであり青物です。
血抜きを行う事で美味しくいただけるでしょう。
大型のアジが釣れるバチコンについて良く知りたい人は、バチコンについての記事バチコンってどんな意味?代用ロッドで出来るバチコンアジングで【尺アジ】連発!の記事でバチコンの魅力について紹介しているので読んでみてください。
 
関連記事

釣りのジャンルでバチコンと言う言葉を耳にした事はありませんか?   バチコンって何?どうゆう釣りか分からない。   バチコンって言葉をよく聞くけどなんだかよく分からない バチコンがどん[…]

 
 
 
 
 
 
 
 
そして次に、大きめの魚を血抜きする場合の気絶させる方法。
まず暴れさせない事が最優先なので、目の上のコメカミ部分に鋭利な物を刺し、軽く回転させます。
 
この行為は実際細めのハサミであれば誰でも出来ますが、脳締めが出来る鋭利な物が付いているハサミもあります。

 

 
 
 
 
魚が可哀想な気がしますが、瀕死の魚を海に投げ捨てるより美味しく頂いた方が魚の為です。
魚に敬意を払って頂きましょう。
 
上手く気絶させられたら次に延髄を切り、バケツに頭が入るサイズの魚ならばバケツで血抜きをし、バケツに入らないほどの大きい魚はストリンガーにぶら下げて海中で血抜きをします。
 
ここで間違いがちなのは、ストリンガーにぶら下げたまま釣りを続ける事。
 
海水は冷たい訳ではないので、ストリンガーに魚をぶら下げっぱなしにすることはやめましょう。
 
海水のぬるい水に浸けておいたらどんどん魚は傷んでしまうので、血抜きが終わったら早めに引き上げ、クーラーBOXで保管しましょう。
 
この時、本当だったら魚の内臓も処理するとアニサキス対策にも生臭さ対策にもなるのですが、海に内臓を捨てたりする事は不法投棄になり、罰せられます。
 
 
魚を脳締め&延髄切断をハサミ1つで行えます。
魚を絞める時はナイフよりハサミが素早く行えるので、ベスト。
脳締めを出来るような部分が付属されているハサミも売られているので一度ナイフを卒業して、ハサミを使ってみた方が効率が良い事が分かるはずです。
 
 
血抜きをした後の保冷するクーラーBOXは当然保冷力がある物が良いです。
船釣りをする場合は船釣りで使うのにベストなサイズ35リットル位のダイワプロバイザートランクが使いやすい。
ダイワプロバイザートランクについては保冷力抜群の【ダイワプロバイザートランクHD】船釣り用のクーラーBOXで3500は1番使えるサイズ。の記事で紹介しています。
 
関連記事

皆さん船釣りにはどのようなクーラーBOXを使っていますか?   クーラーBOXにはサイズやグレードなど種類が沢山あり、どんな釣りをするかによってサイズなどを使い分けた方がいいのは当然なのですが、船釣り用のクーラーボ[…]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

魚の血抜きをしても魚が生臭い場合の対処法

魚の血抜きをして、いざ家に持ち帰り、魚を捌いて刺身で美味しく頂きたいところですが、血抜きをしたにもかかわらず生臭さが残ってしまう場合があります。

 

原因としては‥

  • 血抜きがしっかり出来ていない
  • 内臓が残ったまま時間がたったから

 

その様な事が考えられます。

 

でも、せっかく持って帰ってきた魚を食べずに捨ててしまう様な事は絶対にしたく無いので、自宅に持って帰ってきてからの生臭さの対処法を紹介します。

 

 

塩を振ってしばらく放置

鱗をひき、内臓を取り出し、血合いを綺麗に洗い流した後に魚に、塩を塗り込みしばらく放置します。

そうすると魚の臭みである水分が、塩によって吐き出されます。

この時、まな板などの上で行い、まな板を斜めにして吐き出された水分がシンクの中にダラダラと落ちる様にしておくと調理台も汚れず行えるでしょう。

 

ある程度時間を置き、水分が出たら真水で洗い流し、残った水分をキッチンペーパーで拭き取ります。

 

塩を振ったまま時間を置きすぎると、臭みだけでなく旨味成分まで吐き出されてしまうので、10分程度を目安に行うと良いです。

 

この方法でほとんどの臭みは抜けますが、刺身で頂く場合に皮をひいた時に残った鱗が付いたり、微妙な残った臭みがある場合があります。

 

自分は気にせず食べますが、少しの臭みも気になる場合や、もっと手の込んだ下処理をしたい人は切り身にした後にもうひと手間入れるとかなり美味しくいただけます。

 

 

 

切り身を酢水で軽く洗う

 

三枚卸しにし、食べやすいサイズに切る前にもうひと手間加えます。

三枚卸しにし、皮をひく。

その状態の切り身を酢水で軽く洗い流します。

 

この手間を加えると

  • 残った臭みが消える
  • 取り切れなかった、または付いてしまった鱗が洗い流せる

 

めんどうくさそうに見えますが全然簡単な事です。

酢水の濃度は特に決まりはないですが、ボール一杯に対して酢15g程度で十分。

 

ただし洗った後にキッチンペーパーでしっかり水分を拭き取る事を忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

釣った魚はしっかりと締め、上手に処理をする事でスーパーの魚より断然美味しく頂けます。

釣った魚は食べるのが危険だと間違えられる事が多いですが、どこに置いてある魚も元は海にいる生きていた魚です。

下処理をしっかり行い、釣り人の醍醐味である鮮度の良い美味しい魚を頂きましょう!