夜のシーバスはなぜ釣れる!?夜行性のシーバスは夜に行けば釣れる!

 

シーバス釣りは強い引きと派手なエラ洗いでスリリングなファイトが楽しめる非常に人気な釣りです。

 

ただあまりデイゲームでは釣果が見込めない事が多いのが現状で、シーバスの釣果があまり無くて困っている人も多いのでは無いのでしょうか?

 

シーバス釣りを始めてまだ釣果が上がらない人はシーバスが釣れやすいナイトゲームをおすすめします!

 

実はシーバスは夜に釣行に行く事で釣果が上がる確率がグッと上がり、今まで釣果の無かったアングラーも夜にシーバス釣りに行く事で釣果が得られる可能性がかなりあがリます!

 

釣果がなくてシーバス釣りなんてやめてしまいたいと思ってしまう前にまずはナイトシーバスに挑戦してみましょう。

 

 

 

今回の記事ではナイトシーバスの攻略法と何故夜にシーバスが釣れやすいのかについて解説していこうと思います。

 

  • シーバスはなぜ夜に釣りに行くべきなのか?
  • なんで夜の方がシーバスが釣れやすいのか?
  • 夜に狙うポイントやルアーアクションはどうすれば良いのか?

 

 

夜のシーバスが釣れやすい理由や狙い方など、夜のシーバス釣りに関しての悩みを解決出来る内容になっています。

 

シーバス釣りで釣果の上がらない人や、まだシーバスを釣った事のない人は、比較的釣りやすいナイトゲームに挑戦してシーバスゲットしましょう!

 

 

夜にシーバスが釣れやすい理由!

  • シーバスは夜に捕食活動を行う
  • シーバスの警戒心が薄れる
  • ベイトも警戒心が薄れ泳ぎが遅くなる

簡単にまとめるとこんな感じです。

以下で詳しく解説して行くので読み進めてみましょう!

 

 

 

 

夜のシーバス釣りを攻略!夜行性のシーバスは夜に行けば釣れる!

シーバスという魚は非常に警戒心の強い魚です。

 

セイゴサイズのシーバスは意外と警戒心が薄く、昼間も群れている事が多く明るい場所にいる事もありますが、ある程度デカくなったシーバスは非常に警戒心が強い。

 

その警戒心の強いシーバスは昼間は深場や橋脚周りの影、または岩陰などに隠れて日光に当たるのを嫌がります。

 

昼に捕食をしないわけでは無いですがあまり昼メインで捕食活動はしません。

夜になると物陰や深場に隠れていたシーバスが捕食活動をする為に浅瀬に出て来て捕食活動を行うのです。

 

これが夜にシーバスを狙いやすくなる1つ目の理由。
 
 
シーバスは夜に限らず常夜灯まわりや月明かりによって出来る明暗部の暗闇に隠れ、ベイトが明るい場所に集まった所を狙っています。
 
シーバスを狙うポイントで明暗部を狙うべきと言われる理由はこれなのです。
 
 
 
 
 
 

明暗部のルアートレース方法

 
シーバス釣りではストラクチャー周りや明暗部などは基本的に狙うべきポイントとされており、昼も夜も限らず、まずは明暗部やストラクチャー周りに潜んでいるシーバスを狙う事が釣果の出る第一歩です。
 
明暗部の明るい場所にはマイクロベイトやプランクトンなどが集まりやすい為にシーバスのベイトとなる小魚も集まりやすい傾向にあるのです。
 
ではその明暗部の狙い方はどういったものなのか?
 
狙い方として明暗部にキャストするのではなく、明暗部の暗闇側の奥からゆっくりと明るい所にベイトが集まっていく姿をルアーで演じるとシーバスが食いついてくる確率は上がります。
 
つまり明暗部を見つけたからと言って明暗部に向かってキャストするのはちょっと違うということ。
 
 
明暗部を見つけると、どうしても明暗部の境目を狙いたくなってしまう事が多いのですが、境目を意識しているシーバスに対していきなりルアーが着水ししまったら警戒されてしまいます。
なのであくまで明暗部を狙う際は暗闇から明るい所のプランクトンを捕食しに行っているベイトを意識して暗闇の奥にキャストし、明るい所をめがけてルアーをトレースしましょう!
 
 
 
 
 

夜のシーバスを狙うべき理由は薄れた警戒心にあり!

昼に比べ夜は全体的に真っ暗になり視認性が悪くなります。

当然ながら人間と同じでシーバスの視認性も悪くなるのですが、シーバスの視認性が悪くなるという事は釣りには致命的に思われますが、視認性が悪い事によってシーバス釣りでは逆に優位に立つ事ができる条件が沢山あるのです。

 

 

視認性が悪い=シーバスからルアーが見つけづらくなると感じてしまいますが、実は視認性が悪い分シーバスの警戒心は下がります。

 

臆病なシーバスは昼間に様々なプレッシャーを受けています。

 

 

  • 車の音や振動
  • 人影
  • 釣り人の足音やキャスト音
  • 車のライトや釣り人のヘッドライト

 

このように昼間にシーバスは常にプレッシャーを感じていて、大きい個体になればなるほどプレッシャーは感じやすく、小さな物音や車の物音だけで深場に逃げてしまう個体もいると言われています。

 

 

その反面、夜になれば夜になるほど人や車の音は少なくなりシーバスの捕食タイムになるのです。

 

そして暗闇で視認性が悪い事でシーバスからルアーがルアーだと見切られづらいという好条件も重なることからナイトシーバスはかなり釣れる可能性が高くなるという事。

 
 
昼のデイゲームのルアーアクションは、早巻きが良いと言われる理由も、早巻きしてルアーだと見切られない様にする為です。
 
逆にナイトゲームで早巻きをするとシーバスがルアーを見つけてくれない、もしくは見つけても見失ってしまう事が考えられるのでゆっくり巻く事を意識しましょう。
 
 
 
ですが、人によっては夜に釣りに行けない環境である場合をもあるし、視認性のいい昼にシーバスを釣ってみたいという人も当然いると思います。
 
昼にシーバスは釣れないわけではなく、あくまでも釣りずらいというだけで昼にシーバスを釣る事も当然可能なのです。
 
さらには昼に釣るシーバスは派手なエラ洗いやシーバスとのファイトが目で見える他、自分がルアーをどこにキャストしたかもよく分かるので昼にシーバス釣りをする事もまた違った楽しみ方ができるので昼は昼でおすすめな釣りです。
 
逆に昼のシーバス釣りを知りたいという人はデイシーバスについて書いた記事のシーバスのデイゲームを攻略!昼に釣果を上げるための秘策。の記事で日中のシーバスの釣り方について学んでみましょう。
 
関連記事

シーバス釣りでのターゲットになる鱸は簡単に釣り上げる事は中々困難で、比較的釣れる確率が上がる夜やマズメ時などにタイミングを絞る事が多くなると思います。   ですが、シーバス釣りにハマると「昼でもシーバス釣りを楽しみたい」と思う[…]

 
 
 
 
 
 
 
 
 

夜シーバスを狙う時の注意点

シーバスは夜に捕食活動を行い、橋脚周りや明暗部などに身を潜め捕食のタイミングを見計らっています。

そして夜になる事で警戒心は薄れているのですが、少し注意点もあります。

 

夜にシーバスを狙う時の注意点

  • 釣り場に着く前にまず遠くからキャストしてみる。
  • 海面をライトで照らさない
  • 着水音はなるべく静かにする

 

以上の注意点を気をつけながら釣行しましょう。

 

1つずつ解説していきます。

 

 

 

遠くからのキャストで足元シーバスを取りこぼさない

シーバスを夜狙うにあたって、まず釣り場に着いた時に海や川のキャストする立ち位置に入る前、遠くからキャストする事を意識しましょう。

 

何故かと言うと、警戒心の薄れたシーバスもいきなり人の足音が近づいて来れば流石に異変に気付きます。

 

 

シーバスは浅瀬にいるベイトは逃げ道がなくなる事をわかっていて浅瀬に溜まるベイトを狙う事が結構な確率であるのです。

 

四方に逃げられる海や川の真ん中よりもアングラーがちょうど立つ位置がベイトの逃げ道のなくなるポイントになるのでそのベイトを狙うシーバスが潜んでいる事があるのです。

 

浅瀬に溜まるベイトを捕食しようとしているシーバスが足元にせっかくいるのに、アングラーが近づいた足音で深場へ逃げてしまいせっかく釣れるはずだったターゲットを逃してしまうだけではなく、ポイントに入った瞬間に警戒されてしまうという勿体無い状況になりかねません。

 

立ち位置に近づく前にまず1回でも遠くからキャストする事を意識しておきましょう。

 

 

実際この方法で1投目にヒットした事が何回もあります。
 
 
 
 
 

海面を照らすと夜のシーバスには丸見え

 

もう一つの注意点として夜のシーバスは海面を意識しているので、海面をヘッドライトで照らすと今まで真っ暗だった海面がいきなり明るくなりシーバスは異変に気付きます。

 

これは、シーバス釣りに限らず釣り全体に言える事で水質を確認したいが為に海面を照らす人がいますが、その気持ちを抑えて海面はあまり照らさない様にしましょう。

 

海面を照らすと魚が逃げるだけでなく、他のアングラーの迷惑にもなります。

 

車のヘッドライトも同じ事で、釣り場近くまで車が付けれる場合はすぐにヘッドライトを消しましょう。

 

釣り人のマナーとして実践するべきです。

 

 

 

 

 

着水音がデカいとシーバスは逃げる

いざキャストして仮にキャストした真下にシーバスがいた場合、そのシーバスはビックリして逃げます。

 

シーバスが居る場所にピンポイントに着水する確率は中々少ないとは思いますが、着水音がデカいと近くに居るシーバスも異変に気付きます。

 

着水と同時に散ってしまうでしょう。

 

着水音を小さくするコツはルアーの飛行姿勢を意識することです。

 

難しい様に聞こえるけど結構簡単で、キャスト時のタラシを長めに取ってロッドのしなりを利用して力まずキャストすればうまくいきます。

 

ナイトゲームでは、ルアーの飛行姿勢が見えないのでデイゲームやマズメ時など、ルアーが見える時にキャスト練習すると良いでしょう。

 

ルアーが横を向いて飛んでいったり、変な回転をしながら飛んで行かない様に意識してキャスト練習してみましょう!

 

 

 

 

夜シーバスは表層スローで狙う!

 

シーバスは捕食する為に水面を意識して待機しています。

何故かと言うと、夜はベイト自体の警戒心も薄くなり水面をユラユラと泳いでいる場合がほとんどだからです。

 

その水面をユラユラ泳いでいるベイトを捕食する事を目的に水面を意識しているのです。

 

なのでルアーも水面をユラユラと油断しているベイトの様にアクションする事でシーバスは食い付く可能性が高くなるのです。

 

夜のルアーアクションは表層スローが基本となるのですが、あくまで基本と思っていただいて表層にとらわれすぎない事も大事になるでしょう。

 

表層を意識しすぎていてもいざ釣れるレンジは表層よりちょっとしたのレンジで釣れる場合もあるからです。

そんな時に役立つのがシンキングペンシル

フローティングミノーで表層スローアクションそする事が基本になるであろうナイトゲームですが、フローティングミノーだけの場合は表層のちょっと下を攻めたい場合には少し早巻きになってしまいシーバスに見つけてもらえないという問題が起きてしまいます。

 

スローアクションをしつつ表層直下を狙うのに適したシンペンが【ダイワ モアザン ガルバ(87s)】です。

 

 

モアザン ガルバ 【87s】

 

モアザンのガルバは水面直下をただ巻きで簡単にレンジキープできるコンパクトシンキングペンシルです。

カラーバリエーションも豊富でシーバスアングラーなら一つは持っておいた方がいいルアーの一つ。

時にトゥイッチやジャークなど織り交ぜたり様々な環境で使える飽きのこないルアーですね!

フローティングミノーとガルバと使い分けるとかなりバリエーションが増える事でしょう。

 

 

 

 

 

 

もう一つナイトシーバスで意識する事はしっかり足元までルアーを引く事。

なぜならシーバスはベイトを浅瀬やアングラーの足元付近で捕食する事が多いからです。

 

足元や浅瀬はベイトの逃げ道が少なくなるので、そこをシーバスは狙うのです。

なので、足元までルアーをしっかり引く事で、足元でシーバスがバイトする事がかなり多い。

 

実際過去のシーバス釣りの釣果で、何度も足元でバイトがありました。

 

 

過去のリバーシーバス釣果は新潟 阿賀野川【リバーシーバス】釣れたヒットルアー。ワームも好調!の記事にまとめているので確認してみて下さい。

 

 

 

関連記事

新潟県新潟市に有する一級河川である阿賀野川はシーバスのポイントとしてもかなり有名な一級ポイント。 そんな阿賀野川の近くに住んでいるいる為、結構な頻度で釣行に行くことが多くシーバスの釣果はまずまずな筆者なのですが、そんな日々行なっている[…]

 

 

 

 

 

夜は、しっかり足元までルアーを引く事を意識しましょう!

 

 

 

 

 

 

シーバスルアーで夜に活躍するルアー厳選

夜のシーバス釣りでオススメ出来るルアーはあちこちのサイトで紹介されていると思うので、実際に釣果のあったルアーを紹介して行こうと思います。

 

ルアー選定は、時期の違いやポイントのベイトで決まって来るので絶対に釣れるルアーなどは存在しないです。
 
あくまで参考程度に思ってくれたらいいと思います。
 
 
 
ロンジン フランキー
 

 

 

フランキーは1番釣果のあったルアー。

中でも良く使ってたのがドチャートマット。

凄く派手に見えますが、この色がシーバスに効く!

そしてスローで巻いてもゆったりとウェブンロールしてくれるのでただ巻きでもユラユラと泳いでるベイトを演じれます。

 

 

 

 

ガイア エリア10

エリア10はコスパも良く、非常に使いやすい。

 

バチ抜け用ルアーとして有名だけど、バチ抜け以外でも釣れます。

ちょっと飛距離が出にくい感じがするけど特に問題なし。

エリア10EVOならダングステンウエイトで飛距離は稼げそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

SHIMANO サイレントアサシン120F

 

SHIMANOのサイレントアサシンは飛距離が稼げるルアーで普段届かないポイントまでキャスト出来るし飛行姿勢が結構安定しています。

飛行姿勢が安定していて無駄な着水音も無く、シーバスには適したルアーと言えるでしょう。

中でもオススメはレッドヘッドです。

潜行水深30〜100となっていますが、スローで巻いているとあまり潜りません。

たまにトゥイッチなど入れて潜らせてみるのもありですね!

 

 

 

 

 

 

DAIWA モアザン スイッチヒッター

 

 

フローティングミノーばかり紹介してきましたが、シンキングペンシルのスイッチヒッターもかなり使えます。

水に浮かないシンキングペンシルですが、沈まない程度にただ巻きしていると、表層を狙う事も出来ます。

少し沈ませて、巻いて浮き上がらせる様な動作も出来るので色々なレンジを狙う事が出来るでしょう。

 

スイッチヒッターも飛距離は抜群です。

 

 

 

 

ちょこっとルアーを紹介しましたが、シーバスルアーの種類はまだまだ沢山あり、ポイントのベイトサイズや環境によってヒットするルアーは全然変わってきます。

 

自分で好みのルアーを探し、ヒットルアーを探すのもシーバス釣りの楽しみです。

 

少しお金のかかるシーバスルアーですが、自分で選んだルアーでシーバスが釣れた時の快感には変えられません。

 

自分で好みのシーバスルアーを探してみましょう!

 

店頭で在庫切れで置いてない場合や取り扱ってないルアーもネットショップでは見つけられるのでネットでルアーを買うのはオススメです。

 

ネットショップなら暇な時にゆっくりルアーを選べるので在庫を多数抱えているナチュラムがオススメ!

ポイントも貯まり安値で買えるアウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】は見ているだけでも楽しいですよ!

 

ナチュラムについてもナチュラムはなぜ安い?釣具の通販サイトナチュラムは安心な優良サイトです。の記事でナチュラムがなぜ安いのかについてまとめているので見てみましょう。

 

 

 

関連記事

            釣具の通販サイト【ナチュラム】と言う通販サイトをご存知ですか?   最近楽天市場などでも、釣具を買おうとすると、販売元がナチュラム[…]

 

 

 

 

 

 

 

シーバスが夜に釣れやすい理由についてまとめてみましたが、何よりも釣りに行かなければ釣果は上がりません。

夜に行けない場合は、夕マズメ、朝マズメなどを狙ってみましょう。

昼に絶対に釣れないわけではないので、昼にしか釣りに行かない場合でも挑戦する価値はありです。

 

昼にしか見えないラインの軌道や、キャストした時の着水位置の確認など、昼にしか練習できない事も多数あるので、昼にシーバス釣りに行く事が無意味なんて事はまずあり得ません。

 

シーバスを釣る近道はとりあえず釣り場に立つ事だと思います!

 

頑張ってランカー目指しましょう!