昼間のエギングは成立するのか?見えイカを釣って楽しもう!

エギングシーズンはエギンガーが多く海にいる事が多いですが、昼間にエギングしている人をよく見かけませんか?

アジングやシーバスなどの釣りは夜や朝マズメ夕マズメ時の方が釣れる確率が高くなってくるし、昼にはフグも居る為アジングが成立しない場合も多いです。

 

エギングも同じく夜やマズメ時は、釣れる確率は高いのですが、昼間にエギングしてる人をよく見かけます。

 

そんな所で今回の記事ではデイエギングは成立するということなのか?実際昼間にイカは釣れるのか?

また、昼のエギングのコツなどを紹介する記事になっています。

昼間にエギングをしようと考えている人や昼にエギングが成立するのか気になっている人は読み進めていきましょう!

 

 

 

 

今回の記事の内容

  • デイエギングは成立する!アジングとシーバスより成立するのはなぜ?
  • 秋の新子は1日中捕食している!
  • デイエギングで見えイカのサイトフィッシングは楽しい!
  • デイエギングで得られるエギングテクニックは沢山ある!

 

 

 

 

 

 

昼間のエギングは成立するのか?見えイカを釣って楽しもう!

 

 

まず結論からなのですがデイエギングは成立します!

 

昼間にエギングする事をデイエギングと呼び、アジングでもシーバスでも昼にやればデイアジングであったりデイシーバスなどと呼びます。

 

今回はそんな風に昼間にエギングをするデイエギングについての記事になのですが、実際にエギングシーズンにはデイエギングをやっている人を多く見かけ、昼にイカは釣れるのだろうか?と疑問に思ったことはありませんか?

 

またアジングやシーバス釣りではあまり昼に釣行を行う事は少ないような気はしませんか?

アジングはフグにワームをズタボロにされてしまうし、シーバスは視認性が良くなり警戒心が高くなるなどの理由があり、釣れない事はないのですが昼に釣行に行く事は少ないです。

 

ですが、エギングは別で朝マズメが終わっても昼くらいまでエギを投げ続け、朝マズメが終わっても人がどんどん増えてくる。

 

なぜエギングだけ昼間が通用するのか?

なぜ人が多いのか?

そんな疑問を解決しようと思います。

 

 

 

デイエギングが通用する理由。イカは捕食を一日中してる

 

 

基本アオリイカは夜行性で暗闇を好みます。

捕食も朝マズメ夕マズメのベイトが活性化する時間帯に捕食活動を行いますが、秋の新子は日中もダラダラと捕食を行います。

昼間にはベイトの小魚があまり活性化しない事から沖の深場に行ってしまいますが、潮の動く時間帯であれば岸に捕食しに戻ってくる可能性も上がるでのです。

なので昼の潮の動く時間帯などはデイエギングが成立すると言えます。

 

ただアオリイカは昼間は暗闇に潜んでベイトである小魚が回遊してくるのを待っているので、アオリイカが潜んでいそうなストラクチャー周りを狙うといいでしょう。

 

じゃあなぜアジングやシーバスは昼間にやらないのかというと、アジングは大体フグの猛攻に遭ってワームがズタズタになるから。

ジグなどを使ってもいいですが、多分サビキ釣りの方が釣果が上がってアジはそっちばかり行ってしまってあまり釣れません。

シーバスは昼間にやる人も全然いると思いますが中々高難度です。

シーバスは警戒心が強いので、昼間の視認性がいい時間だと結構すぐにルアーだと気付かれてしまうから。

 

それに比べて日中の秋の新子は結構積極的です。

ただカラーロケーションを間違えるとすぐスレてしまうので、やはり夜やマズメ時よりは難易度が上がると思っていいでしょう。

 

関連記事

  エギングで使うエギは、カラーの種類がかなり豊富でカラー選びには迷う事が多いのではないでしょうか? エギのカラー選びで迷っているといつの間にか「同じカラーばかりになってしまっていた」なんて事もあると思います。 好みの色を選[…]

 

 

 

 

 

 

デイエギングでは潮の動くタイミングを狙うべし!

エギングで朝マヅメや夕マズメが釣れやすいのはアオリイカの活性が上がっているから釣れやすいと思っていませんか?

実際には確かにアオリイカの活性自体も上がっている事が考えられるのですが、実はそれよりもマズメ時がチャンスなのはもう一つの理由があります。

 

アオリイカの活性が上がっている事は間違い無いのだけれど、アオリイカの活性が上がる理由としてはベイトが活性化しているからという事が考えられます。

 

マズメ時にはプランクトンが光合成の為に浮き上がって来て、それを狙って小魚が活性化し、その小魚を狙ったフィッシュイーターである青物やシーバス、スズキなどが捕食活動を行う食物連鎖が起きているのがマズメ時なのです。

 

 

そのタイミングに合わせてアオリイカも捕食活動を行うのですが、アオリイカにとってはただベイトが活性化して普段隠れているところから出てきているから捕食活動を行なっているだけであって一日中捕食活動を行うアオリイカにとっては実際マズメのタイミングなんてのはどうでもいいのです。
 

(個人的見解ですが・・・)

 

つまり朝マズメや夕マズメにアオリイカが釣れやすいのはベイトが活動しているからという事になるので、ベイトが活動休止中の昼にアオリイカを狙うならベイトが隠れているであろう場所や塩の動くタイミングを狙う事が釣果アップにつながる最善策ということになるでしょう。

 

 

 

デイエギングの醍醐味。見えイカを釣るサイトフィッシングは楽しい!

 

 

デイエギングの楽しみ方の一つとして、見えイカを釣るサイトフィッシングという釣りがあります。

サイトフィッシングとはその名の通り見えるイカを釣る事。

綺麗な澄んだ海で見えるイカを釣るのは気持ち良くて楽しいですよ!

 

アジングを昼間にした事がありますが、大体フグにワームをかじられてワームがボロボロになるのみ。

エギングならフグは反応するかもしれませんが、エギがなくなる事はないので安心で、手前までイカが寄ってきて抱きつく瞬間を見るとやめられません…

 

そんなサイトフィッシングをするなら偏光レンズは絶対あった方がいいです。

水面のギラギラした日光の反射も無くなり、水中の魚やイカが丸見えなのでデイエギングをする場合には必須道具と思っていた方がいいでしょう。

 

関連記事

釣り道具がある程度揃ってきても釣具屋で釣具を見るのは楽しいですよね! 最初はロッドやリールにしか目が行かないですが、ある程度道具が揃ってくると目に入ってくるのがサングラス。 釣具屋で大体カウンター脇に置いてあるサングラス。  […]

 

 

 

 

 

デイエギングでエギが着底した感覚を掴む練習をするべき。

 

 

デイエギングをするもう一つのメリットとしてラインがしっかり見える事。

エギングをする中で夜であろうと昼であろうとエギの着底をさせる事は絶対条件です。

なぜならアオリイカはボトム付近に張り付いている場合も多いし、アオリイカは基本下の獲物しか捕食しません。

活性の高いイカは中層付近にいる事もありますが、シャクリで中層を引くのにもエギが浮き上がらないように一度着底させる事がベストです。

 

ですがエギの着底の感覚は凄く難しく手の感覚だけで着底を感じるのはかなり難易度が高いです。

そこでデイエギングでラインを見て自分の使っているラインとエギで何秒で着底するのか確認しておく事が出来ます。

潮の流れがある時や風が強い時は変わりますが、無風の時に試しておおまかな目安になると思います。

 

  • エギをキャストした時にどれくらい飛ぶのか?
  • ストラクチャーはどこにあるのか?
  • 着水してから着底までどれくらい時間がかかるのか?

 

などなど昼にエギングをすることによってエギングの技術が上達する条件が色々と揃っているのです

 

つまりデイエギングはエギングのいい練習になります!

 

 

 

デイエギングが人気すぎる可能性も…

 

 

確かにデイエギングは成立しますが、自分の住む新潟ではエギングは秋の新子以外は中々釣果は貧しく、春の親イカはまず釣れません。

なので大人気のエギングはシーズンになるとあちこちエギンガーだらけで夜も昼もエギンガーだらけで釣りにならないという可能性もありますがそれだけ人気になる魅力的な釣りなのは確か。

 

釣り人の性で『人がいるポイントは釣れる』と思ってしまいがちで人気ポイントにばかり足を運んでしまう事が多くなりがちなのですが人気ポイントは結構なプレッシャーがかかっていてイカが擦れてしまっている可能性も高いです。

 

人気ポイントばかりに行かないで新規ポイントを開拓するのも釣果アップにつながる対策になるでしょう。

 

 

人がいないから・・・

墨後が無いから・・・

 

と考えて新規ポイントに入らないのは損です。

 

自分で見つけたポイントで釣果があればそのポイントはマイポイントになって釣れた時の感動は倍増することはd間違いなしです。

 

 

その為にもまずはデイエギングであちこちのポイントを探ってみるのも楽しみの一つになる事間違いなしですね!

 

エギング始めるならまずはデイエギングから!